iriって何者?本名や年齢、気になる経歴は?【5/22 関ジャム 完全燃焼SHOW】出演決定!

未分類

低音ボイスが魅力のシンガーソングライターのiri(いり)さん。
次世代を担う存在と音楽業界でも話題になっているそうです!
そんなiriさんの本名や経歴などが気になり、今回調査してみました!
みなさん、一緒に確認してみましょう♪

魅惑の低音ボイスiri 調査してみた!

iriプロフィール

本名:宮田 位里(みやた いり)
生年月日:1994年3月15日(28歳)
出身:神奈川県逗子市在住
事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ
職業:シンガーソングライター

iriさんのアーティスト名は本名をローマ字にしていたんですね!
お顔立ちからもハーフでは?と噂されているようですが、ご両親ともに純日本人で、もちろんご本人も生粋の日本人です!笑

iriさんの性格は?

iriさんの音楽はよく響く低音ボイスが特徴で心地良いclubミュージックのようなhip-hopやR&Bの要素を強く感じる楽曲が多いですが、ご本人はこの素敵な低い声をコンプレックスに思っていたそうです。

また、人と話すことを苦手とし、幼少期は母親の背中に隠れていたというエピソードもあるそうです。カッコイイ低音ボイスでスタイリッシュな曲を歌いこなすiriさんに、こんな可愛らしい過去があったんですね〜。

また、歌手を目指す上で協力的であった母親を尊敬する人に挙げているそうです!

大学時代にお母さんのアコースティックギターに触れ、独学で学び、バイト先のジャズバーで弾き語りライブを披露するほどの実力をつけていったそうですが、その影にはお母さんの愛情深い協力があったんですね♪

デビューから現在までの経歴

高校生頃より音楽の道を志し、高校時代は部活動に入らずにボイストレーニングに励んでいたそうです。

先程紹介した、バイト先のジャズバーで弾き語りライブの他に、ジャズバンドとセッションしたりしてどんどん音楽スキルを磨いていったiriさん。

2014年、雑誌【NYLON JAPAN】【SONY MUSIC】が開催したオーディション【JAM】でグランプリを獲得しました!

2015年にはニューヨーク留学をし、2016年サマソニなどの大型フェスに出演し注目を集め、その年の10月にメジャーデビュー!!

メジャーデビューアルバム『Groove it』はiTunes Store にてトップ 10 入り、ヒップホップ / ラップチャートでは 1 位を獲得しています。

そこから、現在に至るまでシングルを出したり夏フェスに出演したり、自身のライブをしたり、楽曲提供したりとお忙しい日々を過ごされているようです。

2022年2月に初のライブ映像作品『iri 5th Anniversary Live “2016-2021”』をリリースしてます。この作品は私も観ましたが、5年間のiriさんの魅力がたっぷり詰まった作品となっていますし、とってもオススメです♪

おすすめ楽曲

存在感のある歌声のiriさんの楽曲で私のおすすめをご紹介します!!

・『会いたいわ』2015年8月リリース
TikTokで上位にランクインするなど若者中心に話題になった曲です。
等身大の恋愛観を綴った歌詞とミディアムテンポが心地よく、恋人や友達以上などの動画に多く使用された曲でもあります!

・『Wonderland』2019年3月リリース
SONY WALKMANのキャンペーンソングに起用された曲です。
メロウなサウンドにiriさんのスモーキーな歌声がマッチしてとてもカッコいい曲です。
歌詞もやるせない気持ちをうまく表現しているので、聴き手に寄り添うことのできる曲だと思います!

・『rhythm』2016年10月リリース
この曲は1stアルバムの一番最初に収録された曲です!
一番最初のアルバムの最初に収録された曲にもかかわらず、ものすごく洗礼された雰囲気のあるスタイリッシュでオシャレな曲です!

ほかにもたくさんおすすめの曲はあるので、興味を持ったかたは是非聴いてみてください!!
YouTubeにもMVがたくさん上がっていますので、そちらもおすすめです♪

まとめ

素敵な楽曲を世にたくさん送り出しているiriさん。

紡ぎだす音や、言葉がとても心地良く私の大好きなアーティストなのですが、
今夜、5月22日の【関ジャム 完全燃焼SHOW】に出演が決定されました!

iriさんが大ファンと公言している、AIさんがメインゲストなのですが、そんなご本人の目の前であの楽曲を披露するらしいです。
みなさん、是非チェックしてみてくださいね!

一ファンとしてこれからも、たくさんの素敵な楽曲を届けてほしいと思います!

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました